義歯の種類

ゴールド床義歯

義歯床の部分にゴールドを使用している義歯です。
生体親和性が高く、超精密義歯で、総義歯、部分義歯にともに対応出来ます。

DSC_0265

メリット

・強靭で破損・変形
・たわみが少ない
・金属が溶出しにくいのでアレルギーが起こりにくい
・違和感が少なく舌の動きも自由で発音しやすい
・金属味がほとんどなく、義歯使用の味覚の変化が起こらない
・食べ物の温度を感じることが出来る
・汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい
・お口の中が明るくきれいに見える

デメリット

・他の金属床に比べて、重量が重い

 

 

 

 

 

 

 

 

コバルト床義歯

義歯床の部分にコバルトクロム合金を使用している義歯です。
超精密義歯で、総義歯、部分義歯ともに対応出来ます。

DSC_0796

メリット

・長年に渡って使用されているスタンダードな義歯
・強靭で破損・変形・たわみが少ない
・保険義歯(プラスチック)の約1/3の薄さ
・違和感が少なく舌の動きも自由で発音しやすい
・食べ物の温度を感じることが出来る
・汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい
・金属床の中では比較的費用の負担が少ない

デメリット

・チタン床義歯に比べてやや重い
・金に比べて温度の伝わりが若干遅い
・金属アレルギーが起こることがある

 

 

 

 

 

 

 

 

チタン床義歯

義歯床の部分に純チタンを使用している義歯です。
純チタンとは、現在最も最先端をいく素材で、航空機はもちろん宇宙時代の金属と言われています。
金属床義歯の中でも最も生体親和性が高く、超精密義歯で、総義歯、部分義歯ともにも対応しています。

DSC_0767

メリット

・金属床の中でもっとも薄くて丈夫な構造
・比重は一般的な義歯に用いられる金合金の約1/4と軽い
・強靭で破損・変形・たわみが少ない
・金属が溶出せず、アレルギーの心配がない
・違和感が少なく舌の動きも自由で発音しやすい
・金属味がほとんどなく、義歯使用の味覚の変化が起こらない
・食べ物の温度を感じることが出来る
・汚れにくく、清潔。粘膜の炎症や口臭などの問題が起きにくい

デメリット

・他の金属床に比べて値段が高い

 

 

 

 

 

 

 

 

磁性アタッチメント義歯

残っているご自身の歯と義歯に磁石を取り付け、磁石の力で固定する義歯。
部分義歯に対応出来ます。

smile_mag_new

メリット

・ 強い磁石の力で固定され、安定感がある
・ 強い力で噛むことが出来る
・ 違和感が少なく舌の動きも自由で発音しやすい
・ 止め金がないので、自然で見た目が良い
・ 装着、取り外し、手入れが簡単
・ 歯を出来るだけ保存する治療

デメリット

・ MRI(磁力を使った撮影装置)を使う場合に取りはずさないといけない場合がある
・ 磁石を組み込むため歯を削る必要がある
・ 総義歯には向かない

 

 

 

 

 

 

 

 

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使わずに、弾力性のある特殊な樹脂を使用した審美重視の義歯です。
部分義歯に対応出来ます。

gishi6

メリット

・ 金属のバネがないので審美性に優れている
・ 弾力性の高い素材を使用しているため破折にも強く、より薄い仕上がり
・ 保険義歯の約半分の軽さで違和感が少ない
・ 適度な弾力性があり装着感が良い
・ ニオイや汚れがつきにくく、耐久性が高い
・ 残っている歯に負担をかけない
・ 値段が比較的安価

デメリット

・ 総義歯や多数歯欠損など状態によっては使用できない
・ 金属床義歯に比べて耐久性が弱い

 

 

 

 

 

 

 

 

レジン床義歯

義歯床の部分にプラスチックを使用している義歯です。
保険適応の義歯で、総義歯、部分義歯ともに対応出来ます。

レジン床1

メリット

・ほとんどの症例で使用することができる
・保険適応なので安価

デメリット

・部分義歯は周りの歯に止め金がかかるので見た目が良くない
・周りの歯に影響がでる場合がある
・噛む能力が低い(天然歯の20~30%)
・耐久性が低いため破折しやすく、外れやすい
・分厚く違和感が強い
・温度感覚がない
・ニオイや汚れがつきやすい