噛み合わせ治療

噛み合わせ治療について

噛むということは全身の健康につながることが年々わかってきています。
歯を失ったままにしておくと食事がとりにくくなるだけではなく、運動機能の低下や、誤嚥性の肺炎になりやすく、認知症やうつになりやすくなるということがわかってきています。

また、お口の中も色々な治療を繰り返すうちにかみ合わせが安定しなくなることや、歯を多数失ったままそれを放置することでかみ合わせが安定しなくなることがあります。
そうすると噛む力が一部の歯だけに集中してしまい残っている歯が揺れてきたり、割れてしまったり、顎がスムーズに動かなくなったり、以前に比べ歯並びが崩れてしまったり様々な症状が起こります。

まずはお口の中の症状を落ち着かせた上で、現在のお口の中の状態に至る本当の原因を究明し、虫歯治療、歯周病治療、根管治療、歯への補綴(かぶせもの、詰めもの)、噛み合わせのための矯正、そして欠損に対する義歯やインプラントなどを組み合わせ、口を一つの構造物と考え治療する必要があります。

そして、そのように治療を行うことで、口の中に馴染んで、噛みやすく、汚れに強く、綺麗な口の中になり、長持ちするものとなります。

そのためにはまず資料を集め、分析を行い、そのようになった原因を考え診断を行います。
それらを元に患者さま・歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士が協力して治療計画を立て、それに従って治療を進めていきます。
そしてそれを維持・安定させるためにメンテナンスが必要になっていきます。

kamiawase002

 

義歯治療

歯周病やむし歯によりご自身の歯を失ってしまった場合、様々な治療法があります。
近年ではインプラント(人工歯根)治療が増えてきていますが、外科処置が必要であることやインプラントを埋める部位の骨の量の問題、治療費用の問題などがあり、すべての方が人工歯根で修復できるとは限りません。
インプラントの他に金属床義歯アタッチメント義歯ノンクラスプ義歯など、それぞれ親和性・機能性・審美性に優れた様々な入れ歯があります。
入れ歯を入れている方の悩みの多くは、『入れ歯が痛い』『外れやすい』『ちゃんと噛めない』というものです。
せっかく入れ歯を入れても「歯茎が痛くなる」「入れ歯がフィットせずに、すぐ取れてしまう」「噛み合わせが合わず、きちんと噛めないばかりか、肩こりや頭痛に悩まされている」 など失ってしまった歯を補うために入れ歯を入れているのに、歯として機能していないのは大きな問題です。
入れ歯は決して見た目だけのものではありません。
笑うこと、おいしい食事ができることを諦めてはいけません。
当クリニックでは、見た目はもちろん噛む機能を重視し、噛む機能を回復するための義歯治療をしていきます。

 

 

irebarouzin

総義歯

入れ歯の種類は大きく分けて2つあります。
歯が全てなければ『総入れ歯』、歯が1本でも残っていれば『部分入れ歯』となります。
総入れ歯とは、すべての歯を人工歯とし、義歯と一体になった義歯床をアゴの土手に吸着させて使用する入れ歯です。
つまり柔らかい歯茎で入れ歯を支えているので、装着感がとても難しい治療法とも言えます。
総入れ歯には保険内治療のレジン床義歯と、保険外治療の入れ歯、 その中でも金属床義歯、アタッチメント義歯など様々です。
入れ歯のお悩みに多い『痛くて噛めない』『硬いものは噛めない』などの問題にも金属床の総入れ歯はしっかりと固定され、たわまない、丈夫な入れ歯を作ることができます。
「入れ歯を作ったのに入れ歯が合わない」「長年使用してぐらつくようになった」とお悩みの方も多いと思いますが、当クリニックではしっかりとフィットした入れ歯のお作りはもちろん、他院で作った入れ歯の調整も行っております。入れ歯によってお口だけではなく、お顔全体のバランスも良くなることがあります。
総入れ歯でもしっかり噛め、おいしい食事が出来るように患者様一人一人のお口全体のバランスを考慮しながらしっかりとした治療計画を立てていきます。

 

 

ireba

部分義歯

部分入れ歯は、歯が1本だけ抜けた場合から、歯が1本しか残っていない場合まで対応できます。
このような場合、部分入れ歯以外にも、インプラントやブリッジといった治療方法がありますが、それぞれに利点・欠点があります。
入れ歯は取りはずしができるので、年月が経つにつれて変化する歯やアゴの状態に合わせて調整が可能です。
また、ブリッジでは両隣の歯を多く削って被せるのに対し、部分入れ歯はほとんど削らなくてもよいのがメリットです。
総入れ歯同様に部分入れ歯もまた難しい治療です。
現在残っている歯だけに負担がかかれば、その歯はぐらぐら揺れ、ダメージを受け、最後は抜けてしまいます。
さらに、粘膜だけに負担がかかれば粘膜に傷がついたり、食事をすると入れ歯があたり痛んでしまうからです。
長期に部分入れ歯を維持安定させるには、バランスのとれた設計をし、調整する必要があります。