歯冠修復

歯冠修復について

オールセラミッククラウン

o-rusera2

金属を全く使わず、セラミック(陶器)で出来た被せなので、金属アレルギーの方にも安心です。

金属が溶け出して歯や歯ぐきが変色することもありません。
当クリニックでは様々な透明度のセラミックを使用しており、患者様一人一人に合わせた色調や透明感を選んでいただけます。
オールセラミックに限らず、セラミックは金属に比べると極端な力に弱いですが、歯の形を大きく変えることができるため、ある程度までは歯並びや噛み合わせも整えることが出来ます。
また、光の遮断がないため天然の歯に近い透明感があり、汚れが付きにくく長く使っていても色が変色しにくいので、半永久的にそのままの白さを保てることが最大のメリットです。

メタルボンドクラウン

metalbondo2

中身が金属で外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けた被せです。 

歯を作る際、土台に金属を使用しているので、オールセラミックに比べると色調や透明感は多少劣りますが、強度が強いので非常によく使用されます。
奥歯やブリッジ(橋渡しの被せ)などの強度が求められる部分には、オールセラミックよりメタルボンドが適している場合もあります。
中の金属に貴金属を使用すれば、 金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性を低くすることが出来ます。
表面はセラミックなので見た目もよく、オールセラミックと同じように長く使っていても色が変色しにくいため、 半永久的にそのままの白さを保てます。

ラミネートベニア

ramibeni2

歯の表面を薄く削り、その部分にセラミック(陶器)を特殊な接着材で貼り付ける方法です。

削るといっても歯の裏側や歯と歯の間を削る必要がないので、エナメル質は残り、通常痛みもなく麻酔もいりません。
ラミネートベニアは他の被せと比べると薄いので、噛み合わせの悪い方や歯ぎしりをする方には使えません。
付け爪のように上から張るため、ホワイトニングで白くならなかった歯につけたり、 歯と歯の隙間を矯正も兼ねて直すことができます。
ラミネートベニアの色は限りなく歯の自然な色をしているため違和感がありません。
安全性を考えても極めて危険性の低い治療です。
仮のものでお試しいただけるので、お気軽にご相談下さい。

セラミックインレー

セラミック(陶器)で出来た白い詰め物です。
透明感が高いため、装着後は装着するご自身の歯の色を反映し、天然の歯と見分けがつかないほど自然な色を再現出来ます。
金属の詰め物に比べると耐久性はやや劣る場合がありますが、オールセラミックと同じように金属を使用していないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる心配がありません。
また、汚れもつきにくく、色の変色もほとんどないので半永久的にそのままの白さを保てます。